フットケアを通じて心身ともにリフレッシュ

専用の器具を使って薄く削っていく

専用の器具を使って薄く削っていくイメージです。
削るとはいっても、なめらかに皮膚を滑っていく感じで、痛みはありません。
むしろ心地よくマッサージを受けているような印象で、見た目とは裏腹の快感に安心しました。
1度だけではなく、毎月1回程度のペースでケアすることで、状態がさらに改善されると聞いて通うことを決心しました。
丁寧に30分ほどかけてケアした後、今度は足裏全体を覆うようなパックをしてもらいます。
その状態をしばらくキープして、角質が柔らかくなったところを擦られるような施術に移りました。
柔らかいやすりのような器具を使ってかかとを中心に擦って行きます。
消しゴムのカスのような角質が剥がれて行き、きちんと毎日お風呂場で清潔にしているはずなのにと、少しショックです。
ただ担当のスタッフの方は、だれでもポロポロと出てくるものだと教えてくれ、安心しました。
普段からできるフットケアの情報も会話の中で投げかけてくれるので、忘れないように終わってからすぐにメモをとります。
施術が終わった後は自分の手で確かめるために触ってみました。
今までには感じたことの無いつやつやのすべすべ足裏に、少し感動を覚えたほどです。
いつまでも触っていたくなるような感覚を、自分の足の裏に持つとは考えてもいませんでした。
角質やこわばった違和感がすっきりとなくなり、自分の足ではないとすら感じました。

小さなタコや凝りの処置 | 専用の器具を使って薄く削っていく | 靴を履いた後も心地よいイメージ

フットケア | フットケアの特徴とコース紹介